体重の管理が難しいです

自分もだいぶ肥満児なのでちょこちょこ体重計に乗っては減ったとか増えたとか見ているのですが、足腰の悪い母親の体重の管理が難しいです。
体重というよりは水分の摂取制限があるので、あまり飲まなければいい話ではあるのですが我儘なので食べたいものは食べる、飲みたいものは飲まないと気が済まないのです。
なので、間二日あった時の透析がすごく怖いのです。
本人も病院で体重図るときは体重どのくらい増えたか気になっているようですが終るとコロッと忘れてしまうのです。
これは痴呆ではなく性格なんだと思います。
看護士さんに言われても逆ギレしますしね。
で、家族が注意されるのですが患者と看護士の間に挟まれて気が滅入ってきたりしてしまうこともしばしば。
本人が生きる気がないのでどうにもならないんですけどね。

それにしてもホント医学の進歩ってすごいですよね。
おしっこで水分出せなくなったら機械で出してしまうんですよ。
国によっては倫理的なものでやってないところもあると聞きましたが、やはりそれだけ死ぬのは怖くて生きていたいということなんですかね。 

入院しているとき同じ病室の方が無くなったことがありますが「死にたくない、助けて」と叫んでいたことがありました。
自分も長生きはしたくないなぁと思ってはいますが、死を目の前にしたらそうなってしまうのかなと思います。
怪我ならば治って復活しますけど、死んだらもう一度復活するなんてことはないですものね。