コラーゲンを効率良く取る為の食材と注意点

32522155_624

コラーゲンは私達人間を含む全ての動物の骨や軟骨、皮膚や角膜などの結合組織を構成するタンパク質です。

人間で言えば総タンパク質のおおよそ25%をこのコラーゲンが占めていると言われております。

又、このコラーゲンは人の皮膚に多く存在しコラーゲン全体の40%は皮膚、その他に骨や軟骨に20%あると言われており、その他のコラーゲンも内臓や血管など人体に幅広く存在しております。

コラーゲンが不足するとどの様な症状が出る

コラーゲンは加齢によって人の体内から徐々に減って行ってしまいます。コラーゲンが減ってしまった場合にはどの様な症状が現れてくるのでしょう。一番言われている事は特に女性が気にするお肌のシワやたるみ等が増えてくる事です。

これはコラーゲンが人の皮膚に多く含まれている為で、その多くのコラーゲンが失われて行く事で起こってくる症状です。

又、コラーゲンが人の骨や軟骨にも多く含まれている事から、加齢と共に膝等の関節痛の症状を起こしてしまう場合があります。これは関節の軟骨が加齢と共にすり減ってしまう為で、関節にある軟骨が弾力性を失ってしまう事で起こります。

その他の症状としては爪が割れやすくなる、髪にハリや艶が無くなってくる等をあげる事が出来ます。

不足したコラーゲンを補う食事

pill-316601_960_720

この様に加齢と共に失われて行ってしまうコラーゲンを食事等で補ってく事が、お肌の状態を気にされる女性や、関節痛等の症状に悩む方には必要になってきます。

そこでどの様な食品に多くのコラーゲンが含まれているのか調べてみます。

コラーゲンは肉や魚等の動物性タンパク質に多く含まれます。特にコラーゲンを多く含む食材としては、鶏の手羽や軟骨、牛すじ、モツやレバー、フカヒレ等が挙げられます。

これらの食材のゼリー状のゼラチン質がコラーゲンその物となります。又、魚にも多くのコラーゲンを含んでおり、特に魚の皮や骨には多くのコラーゲンが含まれております。具体的にはサケやアジ、イワシ、ブリ、うなぎ、サンマ等が挙げられます。魚を調理し食べる際には出来れば皮ごと食べる事でコラーゲンを摂る事が出来ます。

又、コラーゲンを日頃の食事で摂るのは難しい事が多い為、様々なサプリメントを食事と併用する事も効率的で良いと考えます。

更にコラーゲンを効率的に体内に取り込む為に必要な3つの栄養素があります。ビタミンC、トリプトファン、エラスチンと言われる栄養素です。

これらの栄養素と合わせて摂る事がコラーゲンの体内維持には効率的であると言われておりますので、一緒に摂る様にしましょう。

まとめ

コラーゲンを効率的に体内摂り込む事で美容と健康に良い事は判ってきましたが、気を付けておきたい事は、食事での高脂肪です。

特に肉類を食べる場合にはどうしても脂肪分が多くなってしまいますので、体内の抗酸化物質を多く使ってしまい、お肌などの老化の原因になってしまう事があります。

その為、コラーゲンを効率的に摂って行く事とのバランスが取れた食生活が大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です